少しずつ治していくことがかんじん

料金を把握する

心の不調が長引くとき

うつ病の症状で代表的なものとして、「強いゆううつ感」があります。医学的には「抑うつ状態」といいます。 虚しさや落ち込みなどの気分は誰もが経験のあることですが、たいていの場合、原因となる出来事が解決すると症状は治まります。ところが、うつ病の場合は1週間、2週間と長期にわたって抑うつ状態が続きます。これは大変苦しい状態です。 気分の落ち込みとともに、意欲の低下や、無関心、食欲の低下などの症状が現れます。 何をしても楽しく感じない、興味がわかない、身だしなみがどうでもよくなる、イライラする、虚しい、悪いほうにばかり考えてしまう…などの苦しい症状が2週間以上続くようなら、生活や仕事の仕方を見直し、心の声に耳を傾けてみる機会かもしれません。

体に現れるうつ病のサイン

上記のような抑うつ状態のほかに、体が不調のサインを出すこともあります。 「睡眠障害」「疲労・倦怠感」「頭痛」「肩こりや背中の痛み」「便秘・下痢」「体重減少」などです。 睡眠障害は多くの人に出る症状で、寝つきが悪くなったり、早朝に目が覚めてしまったりします。眠りの質が低下するため、疲労が蓄積し、倦怠感を感じるようになります。そのため仕事の効率が著しく落ち、ミスが多くなり、さらに追い込まれてしまうケースもあるようです。 抑うつ状態でも触れましたが、食欲が減退するため、体重が短期間に減少することがあります。逆にアフター5に食欲が増し、過食に走って体重が増加する人もいます。 このような体調不良から内科を受診し、精神科や心療内科を紹介され、うつ病と診断されるケースが多いようです。 うつ病は心の病気と捉えられがちですが、このような体の不調がサインとなることもあるのです。